ボールペン フリクション 名入れ専門店

ボールペン名入れ専門店|文具の名入れ屋さんの店長ブログです。 売れ筋商品の紹介からホームページで紹介できない 個人的な意見を気ままに書いていきます。

2016年08月

筆記具名入れの西の横綱 クルトガ

前回の記事で筆記具名入れの東の横綱としてフリクションペンを紹介しました。

今回はフリクションに対抗するペンとしてクルトガシリーズを紹介します。

このクルトガは”常に尖り続けている”いることが特徴のシャープペンです。
通常のシャープペンは筆記をしていると当然のことながら芯が減ってきます。
この際に芯が片減りをしてきて書きにくくなってしまいます。

この片減りを芯が回転することによってなくして、常に尖った状態で筆記が
出来るようにする機能が搭載しています。

つまりいつでも書きやすい状態になっているという事です。

この事から卒業記念に学生に渡す為に名入れをする注文を頂くことが
多いです。

人気が高いのがスタンダードタイプです。このタイプは樹脂のボディーなので
個人名の名入れは出来ませんが同一の名入れをするのには安価なので
最適です。(例:学校名などの団体名を名入れするのに適しています。)

個人名の名入れをしたい場合は金属軸のハイグレードタイプが人気となっています。
このハイグレードタイプは機械彫りによって個人名を名入れする事ができるので、
同じ様に卒業記念などに人気の商品となっています。

ただ安価なペンよりの多少は値段が高くても付加価値がついている商品が
流行しているように感じています。

筆記具名入れの 東の横綱?フリクション

前回の記事で筆記具名入れの3横綱の事を書きました。

3横綱と記載しましたが当店においては”フリクション”が圧倒的に
人気が高く事実上、1横綱みたいな状態になっています。

昨今の相撲界と同じで白鵬関の様な多彩な技(アイテム数)を持っているので
強い(人気)があるのも分かるような気がします。

フリクションシリーズは他社では同等品が無い事も人気の一つです。

そろそろ他メーカーでも消せるボールペンが発売されてもおかしくは
無いと思っているのですが、相当な技術力が無いと開発されないのか
同等品が中々販売されていないのが現状です。


筆記具の名入れで必要なのは、渡された方が何らかのインパクトを受けることが
大切です。

横綱と言うのインパクトが有り、唯一無二の存在でなければならないのかと
改めて思いました。

とりとめのない文章になってしまいましたが次回は西の横綱?の紹介をします。
ギャラリー
  • 迷惑メール NTT-X Store 編
  • 迷惑メール 林山 香苗株式会社のブリヂストンタイヤ富山販売編
  • 3色 フリクション 名入れ 事例紹介
  • ビジネス書 検索刑事を読んでの感想
  • クリップボードへの名入れ
  • 箔押し名入れ
  • 文具の名入れ屋さんの4コマ漫画
  • フリクション4の紹介
  • フリクション|所さんのニッポンの出番で紹介
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ